安全・品質への取り組み

安全への取り組み

当社は「安全は経営の基盤である」との考えに基づき、従業員の安全を最優先に考えた事業運営に取り組んでいます。中でも運送・倉庫事業に不可欠なトラックの運転や、フォークリフトの操作に関する安全教育に力を入れています。

【安全運転への取り組み】

当社では、トラックドライバーへの「安全運転指導員(以下、SDI(※1))」の資格取得を積極的に推進しています。SDIとは当社が指定する自動車学校にて指導員資格を習得し、ドライバーに対して安全運転に関する運転技術や知識、運転マナーなどを教育する社内資格を持つ従業員のことを指します。
SDIの社内資格取得の推進、SDIによる他のドライバーへの指導により、事故の撲滅をめざしています。
また、倉庫事業においては、FSDI(※2)というフォークリフト作業者を対象とした当社独自の技能認定制度を設け、安全で高品質な荷役作業を行う現場リーダーを育成しています。

(※1)SDI:Safety Drive Instructorの略称

(※2)FSDI:Forklift Safety Drive Instructorの略称

社内教育

フォークリフト作業者やトラックドライバーの社内コンテストを定期的に開催し、安全知識の習得や運転技術の向上に努めています。
コンテストでは、運転競技ばかりでなく、関係法令、車両構造、社内ルール等に関する筆記試験も行い、従業員のスキルアップを図っています。

社内教育
社内教育

品質への取り組み

「荷主の皆様からお預かりした大切な商品を、高品質な物流サービスでお客様へお届けする」
この使命を果たすため、品質向上の取り組みに力を入れています。
皆様から信頼していただけるように、ISOやAEOなどの外部認証を取得するとともに、社内品質基準の設置および定期点検の実施により、安全・安心なサービスを提供していきます。

【ISO認証取得】

2020年11月、当社はISO22000(食品安全マネジメントシステム)を認証取得しました。
フードチェーン(食品供給の工程)の一部を担う当社の使命として、確実な食品安全マネジメントシステムを構築し、品質保全ならびに法令遵守に取り組み、顧客満足度の向上に努め、広く社会に貢献することを目的としています。

【AEOの取り組み】

AEO(認定事業者)制度は、国際物流における貨物の安全性を確保するため、各国の税関当局がセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された事業者を認定することで、貨物のセキュリティ確保と通関の円滑化を図る制度です。
当社は税関より、「認定通関業者」「特定保税承認者」「特定保税運送者」の3つのAEO認証を取得し、安全、安心な輸出入貨物の取扱いに取り組んでいます。

AEOの取り組み

【当社独自の物流品質基準】

当社独自に物流品質基準を定めたABS(Advanced Business Standards of Logistics)」は、お客様の信頼の維持および向上を図り、安定した会社経営と営業拡大を図ることを目的としています。
現在では、協力して業務を行っていただくパートナー企業ともこの基準の協定を結び、その遵守状況を定期的に確認することにより、貨物の取り扱いや配送業務における均一かつ高品質な物流サービスの提供を実現しています。

> ABS体系図