ごあいさつ

「超・物流」で、未来へ

私たちF-LINE株式会社は「超・物流」というコンセプトを掲げて2019年4月に発足し、この2021年4月で3年目に入ることとなりました。これもひとえに皆様からのご支援、ご助言、ご声援のおかげと、まずは心より厚く御礼申し上げます。

弊社は、これまでの「物流」という言葉が背負ってきた負の側面や、先送りされてきた業界の諸課題などを克服し、『あらゆる壁を超える』という理念を示してまいりました。そのコンセプトが『超・物流』という言葉です。

「温度帯の壁」「商品物性(液体、流体、個体、気体)の壁」「企業の壁(荷主相互、物流企業同士)」「流通の壁(メーカー、卸、小売り)」「国際間の壁(国内外、多国間)」など、この「壁を超える」着眼点、発想、構想、行動を『F-LINE イズム』と称し、引き続き社員一丸となって実践しています。

昨年度は、新型コロナウイルスの感染拡大により、新しい物流改革活動もかなり制限されました。また業績についても外食関連の事業などを中心に大きな影響がありました。その中で、「従業員とお取引先様の安全確保を最優先とする」方針のもと、人々の生活を支える社会的インフラとしての「物流」の役割を全社員が今一度、肝に銘じ、その責任をもって果たしてきました。 また「壁を超える」活動としては、荷主様・着荷主様と協力・連携して「リードタイム+1日(N+2)」の推進、またデジタルメソッドによる「伝票レス・検品レス」などに、ドライバーの待機時間削減・付帯作業の軽減につながることを目指し、物流実行部隊として積極的な実証実験などに取り組んでいます。

昨年度の活動を礎にして、この2021年4月からの新年度では、当社の中期経営計画~「FMAP21-23)」をスタートいたします。                                  ※FMAPは“F-LINE Mid-term Administration Plan”の頭文字をとった略語

「メーカー(SCM)と物流企業(ロジスティクス)の一体連携により“永続的な物流競争力”を目指すと同時に従業員の物流分野に携わる誇りと働きがいを追求する」というテーマのもと、以下の2023年の目指す姿の実現に向けて、各部門で具体化されたアクションプランの実行を進めてまいります。

<2023年の目指す姿>

  • 1.持続可能な物流プラットフォーム構築を目指すプロジェクト実行企業
    (最適拠点構築、物流整流化、マテハン等の新しいテクノロジー導入による生産性革新)
  • 2.F-LINE全従業員の“融合”を実現し、物流の諸課題解決に果敢にチャレンジする企業
  • 3.“新たな働き方”を創造し、様々な物流に関わるミッションを担う多様な人財が躍動する企業

2021年4月からはこの『FMAP21-23』を推進するために、事業部門を中心とした組織変更を行いました。細かい「事業単位」から、大きな「常温」「低温」という温度帯別の事業本部を設置し、事業の壁を超えた幅広いビジネスの可能性を探求するとともに、事業部門のさらなる連携強化、お客様へのサービスレベルの一層の向上、積極的な新規お取引先の開拓にもつなげることが目的です。この新しい体制を以って、物流ビジネスを取り巻く環境の変化に、さらにスピーディに対応していきます。

「物流」は「現場産業」です。技術が進歩し、新しいシステムが整っても、物流の基盤となるのは「現場力=多様な物流人財」です。安全に、そして求められる正しい品質でお届けする「物流ソリューション」実現のため、常に「現場力の進化」を目指し、技術革新を現場で体現する技能、力量を研鑽し続けます。

当然のことですが、「高い物流品質」と「強い物流」は『安全』の上に成り立ちます。物流会社にとって『安全』は「経営」の基盤であり、すべての企業活動は『安全』の土台の上に成り立っています。当社では《『安全』なくして「経営」なし》の考えのもと、何よりも安全を最優先に永続的な事業実現に取り組んでまいります。

「荷主の皆様からお預かりした大切な商品を、“食べてほしい品質“、”使ってほしい品質“で、正しく確実に、生活者へお届けする。」

その使命を果たし、新しい物流の未来=「超・物流」の実現を目指します。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年4月1日
F-LINE株式会社
代表取締役
社長執行役員
深山 隆