G Governance

ガバナンス

ガバナンス

当社は、経営理念に基づき、出資メーカーと一体となり物流を取り巻く諸課題解決に果敢に取り組み『持続可能な物流プラットフォームの構築』と『従業員の働きがいの向上』を追い求めてまいります。
コンプライアンス意識の高いコーポレートガバナンス体制の確立が経営理念具現化の基盤であると当社は考えており、今後とも経営の健全性・透明性の向上に努めてまいります。

ガバナンス

コンプライアンス

事業活動のあらゆる場面でコンプライアンスを実践していくことは、当社にとって最も重要な社会的責任と考えており、「コンプライアンス基本方針」を定めて、さまざまな取り組みを実施しています。

コンプライアンスコンプライアンス

当社のコンプライアンスの取り組み

  1. ①倫理行動規範

    当社で働く全ての人が社会的責任を自覚して、コンプライアンスに則った行動を実践するため、遵守すべき項目を定めています。
    <基本姿勢>

    1. 高い倫理観、道徳観、良識に従い行動する
    2. 関係法令・社内規程を遵守し、正常な商習慣と社会倫理に適合するよう努める
    3. 透明かつ公正な関係の維持、公正な取引の実施
    4. 会社の利益、名誉を棄損する行為の禁止
    倫理行動規範冊子倫理行動規範冊子

    倫理行動規範冊子

  2. ②コンプライアンス研修

    入社や昇格時の定期研修を行うほか、「倫理行動規範」の浸透を目的とした説明会(学習会)を、全社で毎年実施しています。

    倫理行動規範説明会の様子倫理行動規範説明会の様子

    倫理行動規範説明会の様子

  3. ③ホットライン通報制度

    当社ではコンプライアンス実践の為、社で働く全ての人が相談できる窓口(外部窓口・社内窓口)を設置しています。

  4. ④全社員を対象としたコンプライアンス意識調査

    コンプライアンスに則って行動する企業風土・職場環境の醸成をめざし、現状の課題を把握するため全社員を対象としたコンプライアンス意識調査を実施しています。

  5. ⑤社内監査、ABS(※)法令勉強会・点検

    社内全業務を対象として監査部による往査を実施しています。また、安全・品質・環境に関わるABS(※)法令勉強会、点検を実施し、教育・点検による定着を図っています。

    (※)当社の独自の物流品質の基準のこと。Advanced Business Standards of Logisticsの略。

リスクマネジメント

当社ではリスク管理に関する基本的事項を定め、経営に多大なる影響をもたらす各種リスクを抽出・評価・分析し、対応策を講じています。

リスクマネジメントサイクルに基つぐ
継続的なリスクマネジメントの改善

当社では、全部署でリスクアセスメント表を作成し、以下のリスクマネジメントサイクルに基づき、継続的にリスクマネジメントの改善を図ります。

  1. リスクアセスメントの実施
  2. リスク対応策の策定
  3. リスク対応策の有効性評価
リスクマネジメントサイクルに基つぐ継続的なリスクマネジメントの改善リスクマネジメントサイクルに基つぐ継続的なリスクマネジメントの改善

非常時への対応

当社では非常時のリスクを自然災害リスクと、それ以外(自然災害以外)のリスクに分類し、さらに個別のリスクごとに対策本部の体制を定めることにより、きめ細やかに対応しています。

  1. ①自然災害発生時

    災害対策本部の設置】
    天災により、当社の経営に重大な影響をもたらす事象が発生したとき、または発生するおそれが高まったときは、リスクの種類に応じ、災害対策本部を設置し、対応します。

  2. ②自然災害以外の非常時の対応

    非常時対策本部の設置】
    当社の社会的信用失墜、イメージの低下、業績の悪化、従業員の生命・身体の危険、風評被害、社会的な非難、その他当社の経営に重大な影響をもたらす事象が発生したとき、または発生するおそれが高まったときは、リスクの種類に応じ、非常時対策本部を設置し、対応します。

対策本部設置対応リスク】

リスクの種類
天災リスク(災害)
  1. 台風
  2. 水害
  3. 雪害
  4. 地震(地震による火災含む)
天災以外のリスク
(非常時)
  1. 火災
  2. テロ
  3. 情報漏洩
  4. パンデミック
  5. 毒物・異物の意図的混入
  6. 基幹業務システムの停止
  7. その他