ニュースリリース

「全日本物流改善事例大会2021」の発表において「物流合理化努力賞」を受賞しました

2021.06.21 Mon

ニュース

2021年5月11日、12日に開催された公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(略称:JILS)および一般社団法人日本物流資格士会が主催する「全日本物流改善事例大会2021」において、優秀事例の発表があり、当社の関宿低温物流センターの「冷凍食品物流における倉庫生産性の向上」が「物流合理化努力賞」を受賞しました。

6月18日、「2021年度物流合理化賞表彰式」にて、社長の深山が表彰を受けました。

 

■「冷凍食品物流における倉庫生産性の向上」の発表内容概要
冷凍食品を保管する冷凍倉庫内での作業は、低温下で長時間労働ができない上にバラ(ケース単位)の荷扱いが主流である。そこで、以下の取り組み等により、身体的負担の軽減および生産性の向上を実現した。

 

①他社パレットで入庫される商品を当社の自動倉庫へ格納する際、バーコード(パレットID)を貼り付けた自社パレットへ積み替えを行っており、その作業に時間がかかっている。そこで、自社パレットの上に滑り止めシートを敷き、その上に入庫商品を積載した他社パレットを段積みすることで、パレット間でのズレを防止した上で積み替え作業を削減することができた。

 

②自社パレットに貼り付けたバーコードシールが摩耗・劣化した場合、マイナスドライバーで剥がす作業に時間がかかっていた。そこで、ヒートガンを利用しシールに熱を加えることでシールを剥がしやすくなり、作業時間を短縮することができた。
パレット1枚につき4枚のシールが貼りつけられており、その剥離作業に20分を要していたが、この工夫により1分30秒に短縮することができた。

 

③月に1度実施する商品の全棚卸において、保管ラック最上部の商品をチェックするには、フォークリフトで降ろす作業が発生し、時間がかかっていた。この課題を解決するため、伸縮棒にカメラを取り付け、無線で通信が繋がっている手元のタブレット端末でチェックすることで、フォークリフトでの降ろし作業をなくし、作業時間の短縮を図った。

 

社長の深山(左)と関宿低温物流センターの上野(中)・齋藤(右)

JILS会長の遠藤氏(左)と表彰を受ける社長の深山(右)