Message社長メッセージ

共に歩む仲間のあなたへ
F-LINEの求める人財像についてお伝えします。

Message Message

私たちの生活や行動様式は今、新型コロナウィルスの感染拡大とその防止対策によって大きく様変わりしました。人々の活動は制限され、経済活動は大きく打撃を受けています。
こうした状況のなか、社会を支える基本業務に従事する人達を「エッセンシャルワーカー」と呼ぶ声も聞かれるようになりました。物流業に携わる私たちも、まぎれもなく「エッセンシャルワーカー」です。
また近年は地震や豪雨といった大規模災害が毎年のように起きています。その際も、「物流」の重要性はクローズアップされています。

すなわち、私たちの仕事「物流」は、社会にとって、ライフラインを支え、生産者と生活者を繋ぐ「血流」として、その「社会的使命」が強く求められている、必要で欠かすことのできない活動になります。

F-LINE株式会社は、『永続的な物流競争力(効率的で安全且つ品質の良い物流機能を高め続けることでお客様に選ばれる企業となること)』を実現するため、新しい物流ソリューションビジネスの企画実行企業として、2019年4月に食品メーカー5社の共同出資にて誕生しました。

社長画像

私たちのめざすソリューションビジネスとは、「物流」という機能を根幹に置きながら、それに付随する「機能・付加価値」をサービスとして提供し、ユーザーが気づいていない真実の「真・付加価値」を創出していくことです。
その実現のためには、新しいテクノロジーが必要であり、AIや、自動運転などの技術を研究し、それを今の仕事の仕組みに取り込むことで、革新的なサービスを創出することをめざし、取り組んでいます。

当社が物流ソリューション企業として重要視しているものは多数ありますが、その中でも一番大切にしているのが、会社を構成する「人財」です。

私たちF-LINEは、常に、やる気に満ちた、革新的な発想と果敢な行動力のある若い力を待望しています。
世の中の変化のスピードは激しいです。私たちの会社も変化していかねばなりません。
10年後、20年後、大きく変わっていく時代にあって、その時、その中核となっているのは若い皆さん方です。会社として更なる発展をめざすために、皆さんの若い感性や行動力を多いに求めています。

ぜひ、経済の根幹を支える物流に、新たなソリューションを提起し、具現化していくという高い志と情熱を持った皆さんと出会い、ともに働けることを楽しみにしています。

F-LINE株式会社
 代表取締役 社長執行役員
本山 浩