社長挨拶

『超・物流』を目指して

私たちF-LINE株式会社は、2019年4月に食品メーカー5社(味の素㈱、カゴメ㈱、日清オイリオグループ㈱、日清フーズ㈱、ハウス食品グループ本社㈱)の共同出資により、物流会社5社(味の素物流㈱、カゴメ物流サービス㈱、ハウス物流サービス㈱、F-LINE㈱、九州F-LINE㈱)の物流事業を統合して誕生した、まったく新しい物流ソリューションを企画実行する会社です。

『F-LINE』はFuture Logistics Intelligent Network の略です。
長年、食品物流で培ってきた「機能」「ノウハウ」(温度管理、衛生管理、丁寧な荷扱い、賞味期限及び日付管理、トレーサビリティ、フードディフェンス etc.)を活かし、食品産業のみならず、生活周辺産業全体(日用品・化粧品、フィルム製品、医薬関連品etc.)に拡げ、それらのすべての業界において、「永続的な物流競争力」を実現してまいります。
その為に、人財開発、設備投資、システム技術開発、物流R&D(研究開発)に積極的に取り組み、未来に向かう新しい物流のあり方、すなわち従来の物流を超えた『超・物流』を目指してまいります。

私たちのミッションは、

  • ⑴ 「物流の整流化」を徹底的に図ります。
    ムダ・ムリ・ロス及び非合理性の解析を行ない、徹底的にそれらを排除、改善し、安全且つ品質の良い物流に向けて、本来の「モノの流れ」になるように取り組みます。
  • ⑵ 食品(全温度帯)・日用品等 各業界における、「物流関連プラットフォーム」を創り上げます。
    業務の仕組み化、包装材料・表示の標準化、受発注ルール化、SCM+ロジスティクスのシステム化を図り、それらを導入実践していきます。
  • ⑶ 「永続的な物流競争力」を実現します。
    (1)(2)を基盤に、人財育成、設備開発、新技術に積極的に取り組み、未来に繋がる持続可能な物流競争力を実現します。

ミッション遂行のため、私たちは『F-LINE イズム』をもって、あらゆる「壁」を超えた取り組みを徹底します。

「温度帯の壁」「商品物性(液体、流体、個体、気体)の壁」「企業の壁(荷主相互、物流企業同士)」「流通の壁(メーカー、卸、小売り)」「国際間の壁(国内外、多国間)」など、この「壁を超える」着眼点、発想、構想、行動を『F-LINE イズム』と称し、これを実践してまいります。

ミッション遂行のため、私たちは『現場力の進化』を目指し、研鑽し続けます。

技術が進歩し、新しいシステムが整っても、物流の基盤となるのは「現場力」です。安全に、そして求められる正しい品質でお届けする「物流ソリューション」実現のため、常に「現場力の進化」を目指し、技術革新を現場で体現する技能、力量を研鑽し続けます。

「皆様からお預かりした大切な商品を、それを生活者に食べてほしい、使ってほしい品質で、正しく確実にお届けする。」
その使命を実現するためには、「保管」「移動運搬」の基本機能のみならず、そこに「付加価値」「情報」を加味した「物流ソリューション」のご提供でなくてはなりません。
モノの動きを直に触って、直に視ている物流現場だからこその情報発信、付加価値の提案を軸に、新しい物流の未来=『超・物流』を創出します。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

F-LINE株式会社
代表取締役
社長執行役員
深山 隆