国際一貫物流

F-LINE(株)は食品物流のプロフェッショナルとして培ったノウハウをベースに、世界各地からの食品原料品の国内への輸入、加工食品を世界各地へ輸出するなど、各国で異なる食品衛生の基準を熟知してきめ細かな国際間輸送を実現しています。
今後、益々多様化する国内外業務に速やかに対応していけるよう、グローバルロジスティクスの基盤を強化していきます。

グローバルロジスティクスのプランナーとして

日本から海外へ、海外から日本へ、当社は食品関連分野での国際間物流(グローバルロジスティクス)において、半世紀に渡る経験と豊富な食品物流の知識をもってお客様のあらゆるご要望にお応えしています。

国際間の複合一貫ネットワークを構築

国内輸配送、通関、船便手配、海外の現地での通関や輸配送の手配など、複雑な手続きが伴う国際間物流において、当社はお客様の指示ひとつですべての手配を代行する「国際複合一貫輸送サービス」をご提供しています。
グローバルロジスティクスのプランナーとして、最短の輸送期間を算出し、スケールメリットを活かして最適な輸送ルートをご提案する事が可能です。お客様が個別に手配する事に比べて、輸送のリードタイム短縮や輸送コストの削減を実現させています。

充実の自社ネットワーク

当社は日本全国をカバーする3温度帯(常温・冷蔵・冷凍)の物流ネットワーク網を自社で構築していますので、全国各地からの輸出入において様々なご要望に対応することが可能です。また海外現地の輸配送も仕向地ごとに実力のあるパートナー企業を利用することで、輸送期間の短縮やコストの最適化を実現しています。
さらに当社は税関(横浜税関、名古屋税関、門司税関、長崎税関)より通関業の許可を受けており、関税法令やそれ以外の輸出入に関する法令などに精通し、複雑な手続きが必要な輸出入の通関にも適確に対応しています。

AEO認証取得による高品質

AEO(認定事業者)制度は、2001年の米国同時多発テロ以降、国際物流において厳しくなる貨物の安全性確保において、各国の税関当局がセキュリティ体制の整備と法令遵守(コンプライアンス)に優れた事業者を認証する事で、貨物のセキュリティ確保と通関の円滑化を図る制度です。

物流関連のAEO認証をすべて取得
当社は横浜税関より3点のAEO認証を取得しています。

  • 1.認定通関業者(通関業対象:2011年3月)
  • 2.特定保税承認者(保税蔵置場対象: 2013年1月)
  • 3.特定保税運送者(保税運送業者対象:2014年6月)

物流関連のAEO認証は上記3つが対象ですが、これらの認証の取得には、貨物のセキュリティ対策や関税関係法令の遵守手順など、税関による高い認証基準をクリアすることが必要とされています。当社はこの認証基準をクリアし、日本でも数少ない物流関連AEOのフル認証を取得している企業です。
AEO認証の取得や既に認証を取得しているISO9001、およびISO14001とも併せて、お客様へ提供する物流サービスの高品質化を実現し、安心安全な国際間物流サービスをご提供しています。