Interview先輩たちからのメッセージ

現場で培った様々な経験を活かし
当社の強みである「現場力」を発信していきたいと思います。

2019年度 入社
小牧低温物流センター

森田 亜由美

入社の決め手はOG訪問で触れた先輩方の人柄でした。

入社前にOG訪問の機会があり、そこで親身に話を聞いていただいたことから、社員一人一人を大切にしてくれるのではと感じ、F-LINEへの入社を決意しました。入社後配属された「小牧低温物流センター」は、年齢や性別の垣根なく、普段から社員同士のコミュニケーションが多い職場です。業務で困っているときには頼み事や相談もしやすく、仕事を抱えている人がいたら他の人が声をかけて業務分担するなど、職場全体が一丸となって助け合う環境があり、働いている方々の人柄の良さは、配属先でも感じることができています。
新入研修では多くの物流センターを見学できるので、私のように物流の知識が豊富でなくても、現場作業のイメージを持つことができました。また、私は入社してから現在までに、フォークリフトの免許、衛生管理・運行管理の資格を取得しました。職場でも多くの人が資格試験にチャレンジしているので、時には問題を出し合ったり一緒に勉強したりしながら、忙しい中でも勉強に励むことができると思います。

物流のプロとしての意識と取り組みは大きな達成感とやりがいにつながっています。

入社2年目の現在は荷主担当として、荷主様からの問い合わせや依頼に対応する窓口業務を行っています。依頼に対し事務所や現場、預け倉庫先などと連携を取りながら業務を進めています。
物流の仕事は、お客様の元へ指定された商品を指定の日時に間違いなく確実に届けることだと思っています。荷物が倉庫から出荷されお客様の元へ届くまでに、商品や数量の間違いがあってはなりません。そのような誤出荷・誤納品をなくすために事務所・現場・ドライバーを巻き込みながら様々な取組みを実施し、実際に誤出荷・誤納品が起きてしまった際は原因の究明、当事者への注意喚起、所内での共有など再発防止に努めています。これらの地道な取り組みの結果、誤出荷・誤納品件数がゼロの成果を上げた月は、大きな達成感とやりがいを感じます。

失敗経験を業務の改善提案に。現場経験を現場力の発信に。

小牧低温物流センターでは長距離トラックの手配を行っておらず、私が荷主様からトラックの手配依頼を受けて他部署に手配を依頼する役割を担っていました。ある日、その手配を漏らしてしまいトラックが確保出来ていなかったことがありました。約束の納品日までに何とか確保はできましたが多方面に迷惑をかけてしまいました。そこで、従来のやり方を見直し、それまでのような人為的なミスが発生せず、仕事の負担も軽減するように運用を改善しました。このように私は入社間もないころから、様々な仕事を任せていただき、社内外の多くの方とやり取りをさせていただいています。女性でも若手でも活躍のチャンスがあり、成長していける環境があると思います。
将来、違う部署に配属をうけても、現場の声を吸い上げて、荷主に意見を発信する存在になりたいです。また逆に、荷主からイレギュラーな依頼があった際は、現場作業の負担を鑑みた判断をしていきたいです。自分自身が現場での作業を実際に経験したので、現場からの声を荷主に届ける存在になりたいと思っています。